スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侮辱に対する憤り

終戦の日がやってきます。
この日を特別なものにしようとしているのは、
この国が戦争に負けた「敗者」であることを強く印象づけたい
他国の情報機関に惰ちた報道機関の作為を感じずには居られません。
それでも、先の大戦とその様々な出来事に思いを馳せる
大事な慰霊の日の一つです。


時々、
「当代の政治が良くないのは、
 先の大戦で当時の天皇が責任を取らなかったからである」
と言うしたり顔の識者がいます。
私も昔、そう思い込みつつ世の中を勉強して驚きました。


もし、今の時代、政策の失敗の責任が「天皇陛下にある」という人が居たら、
人々はその人の言葉に耳を傾けるでしょうか。
多くの人は「天皇に政治の責任があるわけが無いじゃないか」と思うのではないでしょうか。

そう、天皇陛下は政策に一切口出しすることが出来ません。
御自身が一つ一つの政策をどう評価しようと、
内閣の上げてきた政策に御璽を押すことしか出来ません。
押さないことは絶対に出来ません。

そんな陛下に責任がないことは、これは責任有る社会人であれば明白なことです。

しかし、そんな方々でも先帝については
「戦争責任を取っていない」という人が居たりしますので驚きます。

大日本帝国憲法下における天皇も、議会や内閣の決定を承認することしかできませんでした。
憲法の条文だけで言えば、戦後日本が頂く平和憲法には無い権能が描かれていますが、
天皇が個人の意思で恣に振るう事の出来るものではなく、
飽くまで国家の非常事態に備えたものに過ぎませんでした。

その昭和の大帝が2度ほど御自身の意思で政治に関与されたことがあります。
一つはまさに上記の「国家の非常事態」にあたられたもので、
帝都の国家中枢を揺るがした二・二六事件の際に
「陸軍が躊躇するなら、私自身が直接近衛師団を率いて叛乱部隊の鎮圧に当たる」
との発言が有名です。
ちなみにこの時ですら、個々の手続きについては参謀本部から上奏された奉勅命令を裁可しており、
個人の判断で好き勝手に動いていたわけではありません。


そしてもう一つが大東亜戦争の終戦の判断でした。
勝てない戦いであれば負けを認めて、次の政策に移るほか有りません。
しかし敗戦した国家民族は滅亡される可能性のある時代、
政府は敗戦を決められないで居ました。

中でも、国家統合の要石である天皇陛下の身柄についてだけでも確約がとれれば、と、
政府は攻め手の奸佞に翻弄され続けていました。

見かねた昭和天皇はその身がどうなろうと、天皇(という社会的機関の)地位は揺るがない、
この国は揺るがない、と信じて政府に終戦の手続きを取らせました。

敗戦国の国家元首が惨めな命乞いをしてくる歴史を知っていた進駐軍のマッカーサーは、
昭和天皇の来訪を楽しみにしていました。
そして「全責任は私にある。私はどうなっても良いので国民を飢えから救って欲しい」と挨拶され
狼狽えました。

その心の狼狽えを精一杯の虚勢で隠したのが、あの写真です。
不良少年よろしく斜に構えた連合国軍司令官に対して、
日本国天皇は穏やかに泰然とした直立の構えでした。
自らの命も預けた上での自然体、とっても男前だと思います。


誰にも歩み出せなかった道を、自らの犠牲を厭わずに切り開く。
まさに「御聖断」。
先帝は、大帝と呼ばれるにふさわしい方と思います。


その昭和天皇に篤く信頼された臣民の一人として
第四十代内閣総理大臣東條英機閣下がいらっしゃいます。
開戦時の首相として口汚くののしられることの多い閣下ではありますが、
開戦時に総理官邸から宮城に向かって正座して、
男泣きに泣いたというエピソードが有名です。

もともと、メモ魔の官僚でした。
軍隊というのは巨大な官僚機構で、一つの対応にもいくつもの書類が必要なお役所でした。
「政治などという水商売には興味が無い」と言い放っていました。
その閣下が総理大臣になったのには訳がありました。
当時の政治手続きにおいては、陸軍海軍が内閣の邪魔をすることが可能でした。
開戦をあおる報道によって国民輿論は傾き、
陸海軍をまとめることが出来なければ、政治が成り立ちませんでした。

非戦派の昭和天皇は、自らの暗殺も視野に入れざるを得ませんでした。
「身命は惜しくなくとも、国内が混乱し終戦もまま成らずに国が滅びる」事を回避しようとしました。
東條閣下はその昭和天皇のお考えを知った上で奔走し、
奔走した結果、陛下の意にそぐわない開戦の道を選ぶに至った無念から、
号泣するに至りました。


戦争に勝利して上陸してきた連合国は血を求めました。
事後法で「平和に対する罪」という奇妙奇天烈な罪をでっち上げ、
開戦時の国家首脳を裁きました。

極東軍事裁判では、昭和天皇の誕生日である4月29日に起訴状が提出され、
当時の皇太子殿下の誕生日、すなわち未来の天皇陛下の誕生日に死刑の執行がされました。

この日付の符合が無意味無関係のものであるとしか考えられない人には、
ここまでの言葉もこの先の言葉も無意味なものになるでしょう。
理解とは、能力ではなく願望がさせるものでもあります。


PSO2に戦艦大和が出てくると聞いた時には、
そのあまりの唐突さ、脈絡のなさに驚きました。
そして、
大和が的として出てくると知った時には既にSEGAの強烈な悪意を感じていました。

姉妹艦である武蔵の戦訓をもとに、
連合国軍は大和を袋だたきにする作戦をとりました。

その大和を模した影に対してArksに袋だたきにさせるとは悪趣味も度が過ぎています。
そして、人類史の悲劇として知られる特攻作戦でも知られたゼロ戦が出てきて、
そのゼロ戦の体当たりを最新鋭のロボットで蹴散らす演出に、
先人への畏敬を無視したそのやり口にふつふつとした怒りを覚えていました。

実装されたゲームはさらに酷いものでした、
大和は、小魚よろしくぴょこぴょこと潜ったり浮かんだりを繰り返して逃げ惑います。
そして唐突に人工衛星をもした機械が光線攻撃をしてきます。
極めつけは核爆弾を連想させる大型爆弾が登場します。

一つ一つの演出だけであれば、ゲームのおふざけとも思いたかったですが、
これだけわたしたちの先祖をバカにされた演出では、
悪意が無いとは考えられません。


それでも、それでも黙ってようと思いました。
今を楽しんでいる今のarks達が良いのならそれでいいじゃない、って思っていました。

明日、平成28年8月15日午前11時より大和の緊急が始まります。
30分で緊急が終了したあとも受注中のarksは大和をぼろぼろにして快哉を叫びます。

そして正午、鎮魂の鐘が鳴るそのときに「大和の撃退が終わった」事が、
システムアナウンスとしてログイン中の全arksに高らかに宣言されます。


悪意が、無いはずが無い。

先人を軽んじた取り組みが賞賛されるはずがない。
今の運営はこの先長く苦しみ悶えることになるのでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。