スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Da kam ein junger Koenigssohn

2年前の今頃、サディーナエッジが欲しかったのです。
特別な緊急でしか出ないファルスヒューナルが落とすエルダーペインと違い
普段から相手に出来るシル・サディニアンがドロップするので、私でもがんばれるかと思いました。

初心者の私は、周りの先輩方に追いつきたくて、+150をACで購入して数週間がんばりました。
どうしても出なくて、アドバンストクエスト実装とともに、カグダチが実装され、目標を切り替えました。

ちなみに、サディーナエッジが始めてドロップしたのは、今年の2月でした。


プソニで始めてオンラインゲームをやった私はこんな提供状況が許されるのかと不満に思いました。
今回、機会があって少し調べ物をしてみました。


不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/141210premiums_1.pdf
と言う法律があります。第4条を読むと不当な表示をしてはならないと定められています。

おとり広告に関する表示(平成5年公正取引委員会告示第17号)
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/100121premiums_17.pdf
が、関連して告示されており、供給量が著しく限定されているのに、
その限定の内容が明瞭に記載されていないのは、おとり広告であり不当表示であることが分かります。

よくわかる景品表示法と公正競争規約
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/110329premiums_1.pdf
このパンフレットが分かりやすいです。


国民生活保護センターという消費者庁所轄の組織が、私達の声を集めて居るようです。
声は、多いモノほど「大きい声」として届けられるでしょう。
1000文字の制限以内で作文してみました。


↓ ↓ ↓ ↓ ~ ここから ~ ↓ ↓ ↓ ↓
私は、株式会社 セガが提供するオンラインゲーム「ファンタシースターオンライン2」の利用者です。
公称登録ID数が350万ID以上と、大変人気のあるコンピューターゲームであり、私も長く楽しんでいます。

今回、国民生活保護センターのトラブルメール箱が
「こんな納得いかない思いをした!」などの意見を収集されていると知ったので、
意見を投稿します。

ゲーム内アイテムの入手率を+1.5倍や+3倍にするためのチケットが発売されていますが、
それらを数千円分購入し、数十時間プレイしても、アイテムが入手出来ないのです。

そもそも、各アイテムがどの程度の確率で入手出来るのかも開示されていません。
これは、「おとり広告に関する表示」の1条1項2号
「取引の申出に係る商品又は役務の供給量が著しく限定されているにもかかわらず、
その限定の内容が明瞭に記載されていない場合のその商品又は役務についての表示」
に該当するのではないでしょうか。

もし該当するのであれば、不当表示防止法第4条によって下記のように禁止されている不当な表示に相当すると思われます。
「事業者は、自己の供給する商品又は役務の取引について、次の各号のいずれかに該当する表示をしてはならない」

現在、ゲーム内では「星13」と略称されるアイテムが大変な人気です。
セガの公式発表として、複数人で協力するプレイが求められる状態がありますが、
「星13」を所持していないユーザーは排斥される場合があります。

基本無料をうたっており、携帯ゲーム機でもプレイできることから中高生も多く参加しています。
その中高生を名乗るプレイヤーですら、深夜、未明の時間帯までプレイして何とか「星13」を獲得しようとしています。

このとき、入手率を+1.5倍や+3倍にするためのチケットを利用するか否かの根拠となる
「各アイテムの入手確率」が、
開示されないまま販売されている現状は消費者の適正な選択を妨げられることになります。

他にも「アイテムを出す敵の出現頻度」「アイテムの強化成功確率」「くじアイテムごとの入手確率」など多くの情報が秘匿され、
一方で「レアドロップ率+100%」という期間限定イベントが催されるなど、
消費者としての願望があおられるような表示が強調されます。

適正な判断が出来るよう、根拠となる情報が開示されることを願っています。
↑ ↑ ↑ ↑ ~ ここまで ~ ↑ ↑ ↑ ↑




step1

http://www.kokusen.go.jp/t_box/t_box.html
にアクセスし、「トラブルメール箱に書き込む」のボタンを押します。
    画面01


step2

注意書きがあるので、よく読み、同意できる人は「同意する」のボタンを押します。
    画面02


step3

上のテンプレをコピペします。
要旨は「株式会社セガが提供するオンラインゲームの有料アイテムの不当表示について」としてみました。
    画面03


step4

送信ボタンを押すと、このように画面が切り替わりました。
    画面04


私は、「こういうサービスなんだから、こういうモノとして楽しまなければダメだよ」っていう意見を持っていません。
サービスは誰のモノか、私達arksのモノです。
arksの中の人である個人にとって、お金をかけても楽しめるサービスだと思えばこそ、
セガさんの提供するPSO2をプレイし、課金もするのです。

不満があれば言うべきだし、セガさんが聞き届けてくれないなら、
まずは与えられたルールの中で、しっかり、声を上げていこうかと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。