スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして「思い出」へ

振り返ってみると、

私の中で、

チームに一番花があったのは昨年の春から初夏にかけてではないかと思います。



インすれば大抵、どなたかほかにも居て、

必ず、誰かがチャットでお話ししていて、

そこに誤爆が飛び込んできたりしていて、

活気と楽しさがありました。



12人固定も、私以外に3人は呼びかけをする人が居ました。

防衛といわず、エルダー本体でも12人集まったりしていました。

私は金曜、土曜しか呼びかけできません。

でも、当時は、平日インしてみると誰かが呼びかけしていたりして、

「あいてます?」とか、「あと一人、埋めてー!w」とかからプレイが始まって、

楽しかったなあw



私はチームの運営において、強さ、効率だけではなく、

力を寄せ合うことも意識して取り組んできました。

そのため、強さを求める人からは「思い出じゃ強くなれないから」とか

「使える人は一人だけですね」とか屈辱的な言葉を残されて去られることもありました。



そんな一人の中学生のような難癖がきっかけで、

3人いた「呼びかけもできる人」のうち一人がチームを去りました。

そしてリアルの都合で、もう一人の「呼びかけもできる人」もイン率が激減しました。



それでも、わたしたちは、絶望とか新実装のマガツとか、いろいろ取り組んできました。

なかなか、思うように成績があげらないうちに

毎回のように週末の固定に参加してくださっていたフレさんも、

一人また一人と「今回はちょっとー」と断られるようにも成りました。

「もっと、強さも求めていきませんか」と皆に声をかけ、めげずに頑張ってきました。



そんなおりのナベアルチの実装は衝撃でした。

誰もがナベアルチにこもりきり、来る日も来る日もアンガだけを狩り、

「出ない」「また出ない」「眠い」と疲弊していきました。

私は、私自身がこんなクエに参加したらあっという間に飽きると思って参加しませんでした。

そして案の定、この春、チームもフレさんもイン率ががくっと減りました。

インしても、

誰も居ない、

誰か居ても、

疲れ果てた寝落ちサンとか離席中などチムチャはお通夜…。



チャレンジの実装はそこに追い打ちをかけました。

共通シップにいかなければクエとして成立せず、

そして共通シップに言った人とはチムチャが成立せず、

誰も居ないチムチャにぽつん…。

本当に本当にさみしかったです。




リリアルチの実装以来、最強の武器を求める方法もはっきり変わりました。

防衛やマガツは経験値やキューブ稼ぎの場で、人によっては参加を見送る一つ劣ったクエになりました。

緊急のために人数を集めることもなく、

アルチか、新実装緊急のXHにソロ参加してぐるぐる回っていればいつか出るかもしれず、

私も、呼びかけをしなくなってしまいました。



もともと、平日はリアルの都合で、vitaの3G回線でインしています。

・隙間の時間でクエしていること、

・多種多量の素材を集めなければならず、コミュニケーションに時間を割けないこと、

・回線が落ちやすいこと

などから、平日はほとんどソロでした。

チムマスの自分の言葉には重みが有ると考えて、

あんまり「アレしたい」「コレしたい」とか自己主張するのは控えていました。

引っ込み思案になっていたところもあります。

そんな私をよくクエに誘ってくれていたチムメンは、リアルの都合でインしなくなってしまいました。



私にとって週末の呼びかけは、チームを実感できる大事な楽しみでした。

でも、長く呼びかけをしてこなかったことが祟りました。

先日来、何度か呼びかけをしたのですが、思うように人が集まらず、成立しませんでした。



よそ様は、ガルグリ狩りとか、マガツとか、あれこれ呼びかけて頑張っていますが、

いま、チームでは私しか呼びかけする人が居ないような状態です。

緊急前にインしている人がそれなりに居て、「あれ、今日はチームで固まれるかな」と思っても

多くの人が、この間に育んだチーム以外の人たちとのおつきあいがあり、

チムチャには見えないウィスで約束が成立しています。

「10人居るからもし、全員参加なら二人フレさんを探せばいいや」とわくわくしても、

声をかけてみると次々断られ、

5人しか参加できず「ごめんなさい各自で…」と惨めな結果になりました。



気がつけば、

平日もソロ、

土日祝日もソロ、

アドクエやエクスクエもソロ、

呼びかけをしても失敗して、結局私はソロ。



せめてチムチャが盛り上がっていればしゃーわせですが、

チムチャもおとなしー、感じ。



緊急の時はチムチャ控えめに、とお願いしているのは、

vitaプレイヤーでもある私自身の実感でも有ります。

でも、最近複雑だったのは

「チーム外の方との固定で高スコアを狙いたい」という方のために静粛を求めたとき、

もとより、火力に自信のないチームですけど、

「チームメンバー中心でどこまで行けるか試してみません?」という声はどこにもなく…、

チームを盛り上げることもない取り組みのために、

なんでチムチャの一つの花であるSAやCIを止め、

盛り下げるようなお願いをチームのみんなにしているんだろう、と思ったときです。





とはいえ、今のチームの雰囲気はみんなで、何年もかけて練り上げたもの、

私自身の楽しみにつながらなくても、維持したい人もたくさん居るはずです。

と、そんな悩みの中で書いてみた「チーム合併の検討」の記事。



ある人からは「どちらでも」と言われ、ある人からは「あそこと合併したら」と言われ、

また「トリガー15連はやりません」と言われ、



そっかー、どなたからも

今の私たちで盛り上がっていこうよ

って声はないのかーw



って思った瞬間、わかってしまいました。



ここ、私の遊び場じゃないなあって。

楽しかったことはすべて思い出で、昔のことばかり。



でも、私には力があります。

火力がなくても、人々をまとめる力があります。

いまは、中の人も私も心が疲れててその力が出ないけど、



だから、私は「思い出」を「思い出」にします。



チムマスを変わってくださる人が居たら、よろしくお願いします。

特にいらっしゃらなければ、全員ご退団いただいて、チームを解散することも考えています。

私も皆さんと対等なプレイヤーです。

私自身の過ごし方を私が決めてもいいと思います。

ただ、チームの解散はちょっと乱暴なので、

どなたか引き継いでくださらないかなあ、と願うばかりです。



レアが出ず、強化をしないことで1Bになりました。

キューヴは8k、

ラムグラも1k有ります。

たまりに貯まったこれらの数字を自慢げにチャットすることもありますが、

何のことはない、ゲーム本来のステータスアップを楽しめていない、

楽しみに参加出来ていないというゲームバランスの悪さの証明、運営への当てつけです。



チーム=コミュニティの維持はオンラインゲームでは重要な要素だと思います。

公式チームが無く、全ては私的チームです。

つまり、コミュニティの維持というサービスをSEGAさんはユーザーに押しつけています。

SEGAさんはそうやって責任を放棄しながら、

チームというコミュニティの維持に何の手助けもさしのべてくれません。

チャレンジは控えめにしていました、

サブキャラを別鯖に送り込むことは2鯖のチーム「思い出」を放置することにつながると考えて

諦めました。

せめて、もう二人三人、チームの盛り上げを軸にログインしてくれる人が居れば……。

でも、押しつけはしたくないです。

私の、コミュニケーション意欲も枯れつつあります。

や、チーム合併の相談に反対意見が沸かなかったことで、ぽっきり折れました。

私も、皆さんと対等な一プレイヤーです。

で有れば、チームの維持をどうしようどうしようと一人で悩んで1時間過ごす

そんなプレイスタイルを捨てても、

決して、バチは当たらないんじゃないのかなあ、と思ったのです。




悩んで悩んで決めたので、新チムマスが現れなかったらほんとに解散するしかないです。

どなたか、よろ。




今度は外人チームを立ち上げてみたいなあ、ってヤボー(ムボー?)も有ります。

ではではw








. 。 o ○ o 。 . ★ . 。 o ○ o 。 . ☆ . 。 o ○ o 。 . ★ . o ○ o 。 . ☆ . 。 o ○ o 。 .








11/12にチーム有志の発案でチーム会議が行われました。

時間の関係で最後まで出席できませんでしたが、

チムメンから能動的な開催が行われたのはありがたいなあ、と思いました。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。